[Flutter]パッケージのアップグレード・ダウングレードの方法(「pub upgrade」でアップグレードする際の注意点)

Flutterで使える外部に公開されている便利な機能のプログラムのことを「パッケージ」と言い、その管理は「pubspec.yaml」ファイルで行います。

そして、パッケージのアップグレードは、pubspec.yamlファイルの右上にある「pub upgrade」で行いますが、これがちょっと曲者で、

「Upgrade referenced packages to the latest version」と記載されている通り、pubspec.yamlファイルで登録しているパッケージを全部最新版にアップグレードしてしまうのです。

ですので、特定のパッケージだけをアップグレードさせたい場合は、Terminalから

flutter pub upgrade パッケージ名

で行う必要があります。

また、「pub upgrade」でアップグレードすると、pubspec.yamlファイルで設定しているバージョン値を無視して、本当に最新版にアップグレードしてしまうというトラップもあります。

(アプリで本当に使われるパッケージのバージョンは、pubspec.lockファイルに格納されています)

ですので、パッケージのバージョンをpubspec.yamlファイルで指定したバージョンまで下げたい場合は、Terminalから

・パッケージ全てをダウングレードする場合は

flutter pub downgrade

・特定のパッケージだけをダウングレードする場合は

flutter pub downgrade パッケージ名

してやると「yaml」ファイルと「lock」ファイルのバージョンの齟齬が解消できます。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければ御覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP