プログラミング挫折撲滅への道

ぼくの黒歴史からわかったスマホアプリプログラミング講座の選び方3か条(その2:最終的な成果物(アプリ)がちゃんとイメージできること)

投稿日:

 

その1の続き)

あと、スマホアプリのプログラミング講座のカリキュラムでよくあるのが、例えば、Androidアプリ開発で使うプログラミング言語であるJavaとかKotlinだったら、

まず、プログラムとは文から始まって、
「型」の説明、
「クラス」とは何、
メソッドとはうんたら~

みたいな感じで、教科書のように概念を項目立ててやっていく、いわゆる「学習指導要領的」なカリキュラムが多いと思うんですけど、

これってつまらないんですよね。

プログラミング言語の文法をちまちま教えられてもモチベーションは続かない

 

こういうスマホアプリ開発の勉強をしようという人は、やっぱり自分が作りたい成果物ですね、スマホアプリに関しては、「アプリ」という成果物を持ってやろうとされてますよね。

それなのに、文法を項目立ててちまちま教えられても、なかなかモチベーションとしては続かないということが、ぼくの苦い挫折経験からわかったんですね。

ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(その1:経験無いのにあこがれだけでアラフォーからプログラミング始めちゃったぜ)

  ぼくは、今でこそスマホアプリを作ったりとか、人様にプログラミングを教えることをやらせて頂いてますけど、ほんの数年前までは全然。 プログラミングというのは、一説には9割もの人が挫折すると言 ...

続きを見る

そこは

「歯をくいしばってやれや!」

って話かもしれないですけど、

そもそもつまらなかったら「9割の人が挫折するやろな~」

というところですよね。

 

「逆算方式」の方が学習のモチベーションが上がることに気がついた

 

だから、ぼくなんかも「文法を順序立ててちまちまやっても仕方ない」から、最終的には

自分の作りたいアプリのイメージをまず持ってきて、
それに必要なものをかいつまんで覚えていくという方が絶対ええやろ!

と。

こういう方が、学習のモチベーションって上がるんやろうなということに気付いたんです。

そして、結果的にそれがうまくいきまして、あれだけ挫折を繰り返してたのに、アプリ作るところまで行くことができたんですね。

ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(その5:最後はカネで自分を追い込んで何とかアプリ出すところまで行ったぜ)

  (その4のつづき) 一度は完全にプログラミングをあきらめてから1年くらい経ったある日。 これは何のきっかけか、自分を思い直す時期があったんでしょうね、何でかわかりませんが。 そのときに、 ...

続きを見る

 

最終的な成果物(アプリ)がちゃんとイメージできることが重要

 

ですから、「みんプロ式」のカリキュラムを組んでいくにあたっては、

最終的な成果物がちゃんとイメージできるようにする

ということに一番気を配ったんです。

そうしないと、初心者の方はモチベーションが続かない

というのが、ぼくの経験からわかっていましたので。

つまり、

プログラミング言語の文法やAndroidの機能の学習指導要領の教科書的にイチから学んで、それからアプリを作ってみる

のではなくて、

「実際のアプリを作る」ということをカリキュラムの主軸に持ってきて、

このアプリを作りたかったら、こういう機能が必要
このアプリを作りたかったら、こういう文法を覚える必要があるという「逆算方式」

これが、ぼくの苦い挫折経験を踏まえて作った「みんプロ式」の大きな特徴になっているんですね。

経験ゼロからたった3ヶ月でKotlinでAndroidスマホアプリが作れるようになるプログラミング講座「みんプロ式」(初心者・挫折した人専門/無料体験・返金保証あり[Android✕Kotlin]/受講者数約2,000名)

  なぜプログラミング学習は 9割もの人が挫折するのか ぼく自身の長い黒歴史の経験から 挫折パターンと 脱却ノウハウが明らかに! 経験ゼロでもたった3ヶ月で Androidアプリが作れるよう ...

続きを見る

 

みんプロへのお問い合わせはこちらよりお気軽にお寄せ下さい

「みんプロ式」を知らない方はまずこちらから

経験ゼロから3ヶ月でアプリが作れる

今すぐチェック!

挫折した人の
挫折した人による
挫折した人のためのプログラミング講座

みんプロ公式LINE@

友だち追加

隔週程度でお役立ち情報配信
限定クーポンもゲットのチャンス
無料小冊子もプレゼント中!

みんプロならアプリ出せるって最初に確信した(受講生インタビュー・芝 毅仁さん)

社会人にはうってつけの講座だと思います(受講生インタビュー・大河内 誠一さん)

ぼくの人生挫折ヒストリー

ぼくのプログラミング挫折ヒストリー

  • この記事を書いた人
北川 博之 (みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

北川 博之(みんなのプログラミング by Telulu LLC 代表)

大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meiso-一番シンプルなマインドフルネス瞑想」「ご当地的鉄道アプリ・関西鉄道駅検定(京阪神編)」など、知育・メンタルヘルス系を中心に5タイトル・計10本のAndroid・iOSアプリをリリース。2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験をを基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、ビギナー向けプログラミングひろば「みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。3児の父。かなり長めのプロフィールをこちらから https://minpro.net/profile-of-ceo

プログラミング挫折撲滅への道

1

  ぼくは、今でこそスマホアプリを作ったりとか、人様にプログラミングを教えることをやらせて頂いてますけど、ほんの数年前までは全然。 プログラミングというのは、一説には9割もの人が挫折すると言 ...

2

  これまで、「ぼくのプログラミング挫折ヒストリー」として、ぼくの黒歴史を恥ずかしげもなくしゃべらせて頂きました。 でも、あの苦い経験のおかげで、完全初心者向けのプログラミング講座「みんプロ ...

3

  これまで、スマホアプリプログラミングの勉強を1からやってきて、色んな挫折を繰り返してきたわけですが、その中で思ったのは、 世間のスマホアプリ開発を教えるカリキュラムというのは、たいがい「 ...

-プログラミング挫折撲滅への道

Copyright© みんなのプログラミング by Telulu LLC - 初心者向け反転授業型Kotlin✕Androidアプリ開発オンラインプログラミング講座「みんプロ式」 , 2019 All Rights Reserved.