[Flutter/Dart]Future.valueコンストラクタとは

プログラミングにおいて、Webやデータベースへのアクセスなどの時間のかかる処理は「非同期処理」で行いますが、その際にFlutterアプリを作るためのプログラミング言語であるDartでは「Future」というクラスを使います。

blank

その時、たまに以下のような感じで「Future.value」というコンストラクタが出てくることがあります。

Future<Location> updateLocation(double latitude, double longitude) async {
    final placeMarks = await geoCoding.placemarkFromCoordinates(latitude, longitude);
    final placeMark = placeMarks.first;
    //↓↓↓↓ コレ
    return Future.value(convert(placeMark, latitude, longitude));
}

Location convert(geoCoding.Placemark placeMark, double latitude, double longitude) {
    return Location(
      latitude: latitude,
      longitude: longitude,
      country: placeMark.country ?? "",
      state: placeMark.administrativeArea ?? "",
      city: placeMark.locality ?? "",
    );
}

この「Future.value」コンストラクタというのは、「値をFutureにするためのコンストラクタ」なのですが、上のコードの例で言うと、

  • convertメソッドの戻り値の型は「Location」だけど、
  • updateLocationメソッドの戻り値の型が「Future<Location>」なので、
  • convertメソッドで取得した値をFutureにしないといけない
  • そのために「Future.value」コンストラクタを使って値を「Future」にする必要があった

ということになります。

Creates a future completed with value.

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank
blank

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

TOP