Flutterのスゴさ①:マルチプラットフォーム(スマホアプリもWebアプリもデスクトップアプリも”いっぺんに”作れる!)

今最も注目のアプリ開発ツールであるFlutter(フラッター)

その本家本元公式リファレンスのトップページを見ると、

Flutter is Google’s UI toolkit for building beautiful, natively compiled applications for mobileweb, and desktop from a single codebase.

と書かれていますが、これは一体どういうことなのというと、

1つのプログラムが、スマホアプリ(AndroidもiOSも!)にもWebアプリにもデスクトップアプリにもなり、非常に高速な開発が可能になるというスグレモノなんですよ。

 

まさにプログラミング業界の「マジックリンスプレー」という感じですよね。

 

このように、色んなプラットフォームで使えるようなプログラムが作れるツールのことを「マルチプラットフォームアプリ開発ツール」と言いまして、これがFlutterの大きな特徴なんです。

たとえば、スマホアプリを例に取りますと、見た目が全く同じアプリでもAndroidアプリとiOSアプリでは、

  • 開発のために使うツールから
  • 開発キット(SDK)から
  • プログラミング言語まで、

何から何まで違うものを使う必要があったんです。富士山に例えると一合目から全く別ルートで行かないといけなかった。

これはAndroidアプリもiOSアプリも両方対応しないといけない場合は超面倒くさいんですよね。

 

ところが、Flutterを使うと、最後のアプリストアにリリースするところ以外は、全く同じプログラムが使える。

つまり、富士山でいうと、9合目までは全く同じルートでイケるということなんですよ。

これがFlutterのすごいところなんですね。

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP