Flutter(フラッター)のプロジェクトで抑えておくべきフォルダ3兄弟(③:pubspec.yamlファイル)

Flutterで覚えておくべきフォルダ3兄弟の続きです。

 

これはフォルダではなくてファイルです。

「pubspec.yaml」ファイルといいます。「yaml(ヤムル・ヤメル)」ていう拡張子なんて聞いたことありますか!?

このファイルの役割は、

「外部のライブラリ(パッケージ)やアプリのメタデータなどを設定するファイル」

なんです。

「外部のライブラリ」というのは、「自分以外の誰かが作って公開してくれているFlutterで使える便利な機能のソースコードの集まり」みたいな感じで思って頂いたらいいんですが、そのことを「パッケージ」といいます。

そして、この外部のライブラリやアプリで使う小道具を、この「pubspec.yaml」ファイルに登録(設定)する必要があるということなんです。

詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければ、ご覧ください。

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP