Flutter(フラッター)のプロジェクトで抑えておくべきフォルダ3兄弟(③:pubspec.yamlファイル)

Flutterで覚えておくべきフォルダ3兄弟の続きです。

 

これはフォルダではなくてファイルです。

「pubspec.yaml」ファイルといいます。「yaml(ヤムル・ヤメル)」ていう拡張子なんて聞いたことありますか!?

このファイルの役割は、

「外部のライブラリ(パッケージ)やアプリのメタデータなどを設定するファイル」

なんです。

「外部のライブラリ」というのは、「自分以外の誰かが作って公開してくれているFlutterで使える便利な機能のソースコードの集まり」みたいな感じで思って頂いたらいいんですが、そのことを「パッケージ」といいます。

そして、この外部のライブラリやアプリで使う小道具を、この「pubspec.yaml」ファイルに登録(設定)する必要があるということなんです。

詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければ、ご覧ください。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  2. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  5. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP