[Flutter]バージョンアップする必要のあるパッケージを特定する方法(pub outdatedの使い方)

Flutterのプロジェクトも複雑になると、こんな感じでたくさんのパッケージを使うようになりますが、

 

パッケージは頻繁にアップデートされるので、自分の使っているパッケージのうち、どれをアップデートすればいいのかがわからなくなりますが、「pub outdated」コマンドを使えば、どのパッケージをアップデートすればいいのかをこんな感じで教えてくれます。

 

その際に、4つの情報がアウトプットされますが、

  • Current:自分が今使っているバージョン
  • Upgradable:アップグレードできる安定版のバージョン
  • Resolvable:自分が使っている他のパッケージとの整合性を考慮した上で、アップグレードできるバージョン
  • Latest:β版も含めた最新版

となっているようです。

(詳しくは、下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP