「flutter doctor –android-licenses」をしたら「java.lang.NoClassDefFoundError」というエラーが発生する場合の対処法

Flutterのバージョンを2.2にアップグレードした際に(だけとは限らないと思いますが)、ターミナルから「flutter doctor」をすると、

Android license status unknown.

というエラーが出た場合に、メッセージの指示(Run `flutter doctor –android-licenses` to accept the SDK licenses.)通りに、今度は

flutter doctor --android-licenses

を実行すると、なんと「java.lang.NoClassDefFoundError」が出てしまうことがあります。

そのような場合は、以下の要領で「Android SDK Command-line Tools」にチェックを入れてインストールしてもらうとエラーが解消します。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP