[Flutter]Dartにおけるスコープ[補足]:なぜグローバル変数は型を明示してローカル変数ではそうしないのか

今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter」の公式開発言語である「Dart」においては(Dartに限らず他のプログラミング言語でもそうですが)、変数(インスタンス・オブジェクト)は、その使える範囲(スコープ)に応じて、

・クラス全体で使える「グローバル変数」

・メソッドの中だけで使える「ローカル変数」

の2種類があることを見てきました。

その中で、

グローバル変数が宣言時には、クラスの種類(型)を明示するのに対し

ローカル変数は宣言時には、クラスの種類(型)を明示しないことが原則になっていることが原則になっています。

これは、そうしなくてもエラーにはならないのですが、Dartの公式サイトではこのやり方が推奨されています。

では、なぜそうなっているのでしょうか。

その理由は下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい。

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP