[Flutter]Dartにおけるスコープ[補足]:なぜグローバル変数は型を明示してローカル変数ではそうしないのか

今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter」の公式開発言語である「Dart」においては(Dartに限らず他のプログラミング言語でもそうですが)、変数(インスタンス・オブジェクト)は、その使える範囲(スコープ)に応じて、

・クラス全体で使える「グローバル変数」

・メソッドの中だけで使える「ローカル変数」

の2種類があることを見てきました。

その中で、

グローバル変数が宣言時には、クラスの種類(型)を明示するのに対し

ローカル変数は宣言時には、クラスの種類(型)を明示しないことが原則になっていることが原則になっています。

これは、そうしなくてもエラーにはならないのですが、Dartの公式サイトではこのやり方が推奨されています。

では、なぜそうなっているのでしょうか。

その理由は下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい。

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  2. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  5. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP