[Flutter]Dartにおける「スコープ(変数の使える範囲)」とは

今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter」でアプリを作るときには「Dart」というプログラミング言語を使いますが、そのDartにおける変数(インスタンス・オブジェクト)の使える範囲(スコープ)の解説です。

 

 

グローバル変数

 

グローバル変数はクラス宣言の直下で宣言し、クラス内のどこからでもアクセスできる変数で、「プロパティ」とも呼ばれます。

宣言時には、クラスの種類(型)を明示するのが原則となっています。

TextEditingController _captionController = TextEditingController();

 

ローカル変数

 

ローカル変数は、メソッドの中で宣言し、そのメソッドの中だけでしか使えない変数のことです。

宣言時は、グローバル変数の場合と違ってクラスの種類(型)を明示せず、その代わりに

・変数の値がプログラムを動かしている途中で変わる場合は「var」

・変わらない場合は「final」

を付与するのが原則となっています。

var inputText = _textEditingController.text;

(詳しくは、動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP