スマホアプリを作ることの教育的意義(「みんプロ式」がスマホアプリ開発講座である理由)

「スキル」を使ってあらかじめ決められた「答え」を見つけるという受験勉強の能力と、「答えのない時代」と言われているこれからの時代に必要な、知識を組み合わせて新しいアイデアを生み出す能力とは、頭の使い方が根本的に異なります。

ですから、どんなに稚拙なものでもいいので、普段から自分で何か新しいアイデアを出す頭の使い方をしておくというのが、非常に大切になってきます。

しかし、いきなりものすごくいいアイデアが出てくるということはめったにありません。

ですから、とにかくどんなに小さなものでもいいので、アウトプットとして出す。その出す「量」をまずは増やしていくことが大切になってきます。

そのアウトプットを出す「量」を積み重ねる訓練をしておくと、「質」は勝手に上がっていく。まさに「量は質を生む」のです。

そのための方法として、プログラミングを使って何かアプリなりのアウトプットを出すというのは、これからの時代に必要な「アイデアを生み出す能力」を培うための大きなサポートとなってくれるというわけなのです。

私たちがご提供しているプログラミング講座「みんプロ式」は、自分でスマホアプリをリリースする力を身につけて頂くカリキュラムですが、それによって、自分のオリジナルアプリをどんなに稚拙なものでもいいからリリースしてみようぜ、という講座です。

これこそが、大きな成功体験につながりますし、それが自己肯定感醸成にもつながります。

そして、引いては、「答えのない時代」と言われる現代社会を生き抜いていくために必要となる「アイデアを生み出す能力」にもつながる。

このような想いから、私たちは「スマホアプリ開発」に特化したプログラミング講座をご提供させて頂いています。

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  4. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  5. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP