Androidミニ講座

フラグメント(Fragment)のデザインの指針

更新日:

 

表示だけでなく動作も持てる画面(Activity)のパーツですが、タブレット時代に必須のフラグメント(Fragment)。

実は、どの画面(Activity)からも使い回しが効くように、特定のフラグメント(Fragment)を操作しないようにデザインの指針が示されています。

フラグメント(Fragment)は、昔の昭和の会社員みたいに会社ベッタリではなく、今のドライな時代を反映したフリーエージェント的な位置づけにしておく必要があるのです。

(注)フラグメント(Fragment)は「みんプロ式」では中級編で扱っているテーマです。

[動画配信講座]みんプロ式一番やさしいAndroidアプリ開発入門2【Kotlin・中級編1】<マテリアルデザインとフラグメントの基礎>(30日間全額返金保証付き)

  今最も注目のプログラミング言語「Kotlin(ことりん)」でAndroidのより高度な機能を習得する中級編第1弾! 今やアプリの外観デザインには欠かせない存在となったマテリアルデザインや ...

 

フラグメント(Fragment)のデザインの指針 [KotlinでAndroidプログラミング・ミニ動画講座 #053]で学べること

フラグメント(Fragment)は別のフラグメントと直接操作してはいけない理由

フラグメント(Fragment)の特徴(Activityにくっつかずに単独で使うことができない)

フラグメントのライフサイクルメソッドとは

 

 

みんプロへのお問い合わせはこちらよりお気軽にお寄せ下さい

公式ブログで随時情報発信中!!

みんプロニュース

用語

Android


 

みんプロへのお問い合わせはこちらよりお気軽にお寄せ下さい

-Androidミニ講座
-, ,

Copyright© みんなのプログラミング by Telulu LLC , 2018 All Rights Reserved.