[Android]Fragmentのデザインの指針(あるFragmentから他のFragmentを直接操作してはいけない)

表示だけでなく動作も持てる画面(Activity)のパーツですが、タブレット時代に必須のフラグメント(Fragment)。

実は、どの画面(Activity)からも使い回しが効くように、特定のフラグメント(Fragment)を操作しないようにデザインの指針が示されています。

フラグメント(Fragment)は、昔の昭和の会社員みたいに会社ベッタリではなく、今のドライな時代を反映したフリーエージェント的な位置づけにしておく必要があるのです。

(注)フラグメント(Fragment)は「みんプロ式」では中級編で扱っているテーマです。

 

このミニ動画講座で学べること

  • フラグメント(Fragment)は別のフラグメントと直接操作してはいけない理由
  • フラグメント(Fragment)の特徴(Activityにくっつかずに単独で使うことができない)
  • フラグメントのライフサイクルメソッドとは

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP