[Android]「Could Not Find com.android.tools.buildaapt2:3.2.0-4818971」という謎のエラーが出てビルドできない場合の対処法

お題のとおりなのですが、Android Studioのバージョンを3.2にアップデートした際に、

Could Not Find com.android.tools.buildaapt2:3.2.0-4818971

という謎のエラーが出て、ビルドができなくなってしまう場合の対処法です。

 

プロジェクトレベルの「build.gradle」の設定をちょいといじってやれば解決はする

解決策自体は簡単で、以下のように、プロジェクトレベルの「build.gradle」の「allprojects ⇒ repositories」に、「google()」を入れてやれば解決します。

 

「AAPT2」というツールの提供元が変更されたことが原因の模様

じゃあ、解決策はわかったけど、なんでこんなことになっとんねん!?と言うと、どうやら、

Android Studioが3.2にバージョンアップされたときに、エラーメッセージにも表示されている「AAPT2」というツールの提供元が変更されたことが原因

の模様です。

本家本元公式リファレンスに書いてありました。

Beginning with Android Studio 3.2, the source for AAPT2 (Android Asset Packaging Tool 2) is Google’s Maven repository.

To use AAPT2, make sure that you have a google() dependency in your build.gradle file, as shown here:

buildscript {
      repositories {
          google() // here
          jcenter()
      }
      dependencies {
          classpath 'com.android.tools.build:gradle:3.2.0'
      }
  } allprojects {
      repositories {
          google() // and here
          jcenter()
  }

「AAPT」というのは、「Android Asset Packaging Tool」の略らしく、Androidアプリを作るときに使うリソース(画像やら音やらの小道具類全般)を、コンピューターが読めるように翻訳こんにゃく(コンパイル)して、パッケージングするためのツールのようです。

これの提供元が、Android Studioが3.2にバージョンアップされて、GoogleのMaven repositoryに変更になったので、「google()」が要るようになったということらしいです。

天才の考えることは、凡人の我々には色々とややこしいですね。。。

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  4. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP