[Flutter]providerのバージョン5.0.0以降はcontext.readがbuildメソッド内でも使えるようになりました

これは、ややこしさが減るという意味で非常にいい話なのですが、Flutterにおける状態管理のデファクトスタンダードである「provider」パッケージですが、

これのバージョン4.1.0から従来の

Provider.of<T>(context, listen: false)

の拡張関数版である

context.read<T>()

が登場しましたが、これはbuildメソッド内では使えないという制約がありました。

blank

これは安全上の方策とは言え、使う側からするとややこしさが残るものとなっていましたが、バージョン5.0以降はbuildメソッド内でも使えるようになり、そのややこしさが解消されました。

blank

(providerの作者:Remiさんのコメント)

context.watch/context.readのアサーション(例外を投げること)は、多くの人にとって不満の種であり、ほとんど役に立たないようだ。

アサートの代わりに、カスタムリンターを実装することができる。つまり、readをbuild内で使用したり、アサーションで防がれている他のものは「動作する」が、リンターを使用している場合は警告が表示されるということ。

これは、人々がこの動作をオプトイン/オプトアウトできるので、おそらくより良い妥協点になるだろう。

blank

 

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

blank

こんな記事も読まれています

今すぐプレゼントを受け取る(約6時間のFlutter初級編体験版動画講座を無料でプレゼント)
blank

はじめての方へ

blank
みんプロ式プログラミング講座体系・ラインナップ
みんプロ式プログラミング講座受講の流れ(割引特典利用方法)
サイトマップ(みんプロHPコンテンツ一覧)
運営会社概要

おすすめコンテンツ

プログラミングを学ぶとどんないいことがあるのか
みんプロ式を選んでいただける6つの理由
ぼくの人生挫折ヒストリー(代表者プロフィール)
ぼくのプログラミング挫折ヒストリー(無料メール講座・6大特典付き)
今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter(フラッター)」ミニ動画講座

みんプロ作成アプリ

blank
blank
blank
blank
blank

みんプロ式動画講座(コア・Flutter)

ゼロからのFlutter(初級編)-はじめてのプログラミングからアプリリリースまで-
Flutter中級編1-Web通信・設計・状態管理・DIの基礎-
Flutter中級編2-Firebase/地図・カメラ連携等の基礎-
Flutter中級編3-広告/アプリ内課金等の基礎-
Flutter中級編4-Webアプリとレスポンシブデザインの基礎-

みんプロ式動画講座(サテライト)

Flutter/Dartトラブルシューティング・小ネタ集(コア初級編受講で無料プレゼント)
ゼロからのGit・GitHub(コマンドラインツールを極力使わないバージョン管理入門)
Flutter/Dartにおける設計・状態管理・DIの解説集
Dart逆引き大辞典
Flutterにおけるテストの基礎
blank
blank

TOP