[Android]対象APIレベルが26未満のAndroidアプリは2018/11/1以降アップデートできなくなるので注意!

お題そのまんまですが、今後Google PlayからAndroidアプリを公開する際に、

↑に書いてあるように、

  • 新規に公開するアプリに関しては、2018/8/1から
  • 既に公開しているアプリに関しては、2018/11/1から

対象APIレベル(=targetSdkVersion)が「26(Android8.0)」以上でないと、公開できない or 更新できなくなります。

ですので、アプリケーションレベル(モジュールレベル)の「build.gradle」から「targetSdkVersion」を26以上に設定する必要があります。

(それに伴って、targetSdkVersionと同じ数字にしないといけない「compileSdkVersion」も26以上にする必要があります)

 

なんでこんなことをしないといけないのかというと、ここに色々書いてあるのですが、

簡単に言うと、Androidのバージョン(APIレベル)が上がることによって、セキュリティ的なものが向上(強化)されているので、それにちゃんと対応してくださいねということのようです。

たとえば、

APIレベルが23(Androidバージョン6.0)以上は、ユーザーの個人情報にアクセスする可能性のある機能を使うアプリには、使うたびに許可を求める必要のある「実行時のパーミッションチェック」が求められたり、

 

APIレベルが24(Androidバージョン7.0)以上は、共有ファイルへのアクセス方法に制限が設けられたり(FileProvider経由でないとダメ)と、

 

セキュリティ面が強化されているので、それへの対応を開発者に求めるという趣旨だそうです。

新規のアプリは、プロジェクト作成時にAndroid Studioが「targetSdkVersion」を自動的に最新のAPIレベルを設定してくれているので、あまり気にする必要はないかと思いますが、昔作ったプロジェクトを更新する場合には、「targetSdkVersion」の数字が低い場合がありますので、26以上にあげておかないと(+それに伴うセキュリティ要件の実装)、2018/11/1以降アプリのアップデートができなくなるという事態に直面しますので、注意が必要です。

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP