Android Studio3.3へアップデート方法(古いバージョンで作成したプロジェクトを開く際の設定含む)

先月(2019/1)に安定版がリリースされたAndroid Studioのバージョン3.3へのアップデート方法です。

Android Studioのアップデート自体は大したことないのですが、アップデート後に古いバージョンのAndroid Studioで作成したプロジェクトを開くときに、色々トラップ的なワナが仕掛けられているので注意が必要です。

 

Android Studioのアップデート自体は超簡単

Android Studioの起動画面から「Check for update」を選択

 

アップデートするか?と聞いてくるので「Update and Restart」するとインストール開始

 

インストールが終わると、前のバージョンのAndroid Studioの設定を残すか聞いてくるので「Previous version(残す)」を選択

 

前のバージョンのAndroid Studioが入っているフォルダを削除するかどうか聞いてくるので、ほとんど削除してええんちゃいますか。

 

最後に、Google先生にAndroid Studioの利用状況の情報を提供してもいいか聞いてくるので、イヤなら「Don’t Send」。

Android Studioのアップデート自体は以上で終了。ここまでは楽勝です。問題はこれからです。

 

古いバージョンのAndroid Studioで作ったプロジェクトを開くときに難儀するんだな~

さて、アップデートされたAndroid Studioから古いバージョンで作ったプロジェクトを開いてみてくださいよ。

 

すると、人によっては

Failed to find Build Tools revision ***

なんてエラーになることがあるので、ここは素直に「Install Build Tools ***」をクリックしてインストールしてください。

 

 

そしたら、これも人によっては、

Failed to resolve: com.android.support.constratint: constraint-layout ***

と言われちゃうので、ここも素直に「Install artifact and sync project」をクリック。

 

 

ここからが全員集合パート。

そしたら、AndroidアプリをビルドするためのツールであるGradleのプラグインもアップデートするかと聞いてくるので、素直に「Update」

 

すると、

The Android Gradle plugin supports only Kotlin Gradle plugin version 1.3.0 and higher.

「Kotlinのバージョンを1.3.0以上にしないとダ~メよ」と言われちゃうので、

 

 

プロジェクトレベルのbuild.gradleからKotlinのバージョンを1.3.0以上にしてくださいなと(この時点では1.3.20が最新でした)。

 

そしたら今度は、

Failed to resolve: org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib-jre:1.3.20

なんてことを言われちゃうから、

 

今度は、アプリケーションレベルのbuild.gradleから「jre」を「jdk」に変更。

「なんやそれ!?」って感じですけど、理由を知りたい方はこちらから。

[st-card id=11296 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

「どんだけエラー出てくるねん!?」って感じでしたけど、これでようやく完了です!

お疲れさまでした~!!

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

 

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP