Android Studio3.3へアップデート方法(古いバージョンで作成したプロジェクトを開く際の設定含む)

先月(2019/1)に安定版がリリースされたAndroid Studioのバージョン3.3へのアップデート方法です。

Android Studioのアップデート自体は大したことないのですが、アップデート後に古いバージョンのAndroid Studioで作成したプロジェクトを開くときに、色々トラップ的なワナが仕掛けられているので注意が必要です。

 

Android Studioのアップデート自体は超簡単

Android Studioの起動画面から「Check for update」を選択

 

アップデートするか?と聞いてくるので「Update and Restart」するとインストール開始

 

インストールが終わると、前のバージョンのAndroid Studioの設定を残すか聞いてくるので「Previous version(残す)」を選択

 

前のバージョンのAndroid Studioが入っているフォルダを削除するかどうか聞いてくるので、ほとんど削除してええんちゃいますか。

 

最後に、Google先生にAndroid Studioの利用状況の情報を提供してもいいか聞いてくるので、イヤなら「Don’t Send」。

Android Studioのアップデート自体は以上で終了。ここまでは楽勝です。問題はこれからです。

 

古いバージョンのAndroid Studioで作ったプロジェクトを開くときに難儀するんだな~

さて、アップデートされたAndroid Studioから古いバージョンで作ったプロジェクトを開いてみてくださいよ。

 

すると、人によっては

Failed to find Build Tools revision ***

なんてエラーになることがあるので、ここは素直に「Install Build Tools ***」をクリックしてインストールしてください。

 

 

そしたら、これも人によっては、

Failed to resolve: com.android.support.constratint: constraint-layout ***

と言われちゃうので、ここも素直に「Install artifact and sync project」をクリック。

 

 

ここからが全員集合パート。

そしたら、AndroidアプリをビルドするためのツールであるGradleのプラグインもアップデートするかと聞いてくるので、素直に「Update」

 

すると、

The Android Gradle plugin supports only Kotlin Gradle plugin version 1.3.0 and higher.

「Kotlinのバージョンを1.3.0以上にしないとダ~メよ」と言われちゃうので、

 

 

プロジェクトレベルのbuild.gradleからKotlinのバージョンを1.3.0以上にしてくださいなと(この時点では1.3.20が最新でした)。

 

そしたら今度は、

Failed to resolve: org.jetbrains.kotlin:kotlin-stdlib-jre:1.3.20

なんてことを言われちゃうから、

 

今度は、アプリケーションレベルのbuild.gradleから「jre」を「jdk」に変更。

「なんやそれ!?」って感じですけど、理由を知りたい方はこちらから。

[st-card id=11296 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=”on”]

 

「どんだけエラー出てくるねん!?」って感じでしたけど、これでようやく完了です!

お疲れさまでした~!!

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

 

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  2. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(前編:スマホの世界の構造問題に荒療治が行われる可能性)

  3. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  4. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  5. トランプ政権2期目に起こるIT業界激震予想(後編:ブロックチェーンによるインターネットの再民主化が行われる可能性)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP