[Android]ビューの中の項目のクリック処理(click)と長押し処理(longClick)

画面や画面の中のパーツ(ビュー)をクリックしたり長押しした場合の処理のついて解説しています。

これらは、パーツ(ビュー)全体を押下する場合と、パーツの中にある項目を押下する場合がありますが、いずれの場合もイベントリスナーをつけてコールバックメソッドを実装するというやり方です。

 

このミニ動画講座で学べること

  • ビュー全体のクリック処理とビューの中にある項目のクリック処理の違い
  • ビューの中にある項目のクリック処理(ItemClick)
  • ビューの中にある項目の長押し処理(ItemLongClick)

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP