みんプロ式6つの特徴 みんプロにかける想い

今最も注目のプログラミング言語「Kotlin(ことりん)」が日本語で学べる!(みんプロ式6つの強み②)

投稿日:2018年2月2日 更新日:

 

プログラミングは「プログラミング言語」を使って書きますが、Androidアプリでは「Kotlin(ことりん)」あるいは「Java(ジャバ)」を使います。 

「Java(ジャバ)」は、Androidアプリのみならず、パソコンで使うソフトや企業のシステムなど、実に様々な場面で使われている、世界で最も使われているプログラミング言語です。 

一方、「Kotlin(ことりん)」はJavaの後継言語として登場し、2017年5月にAndroidアプリの公式開発言語に正式採用された、比較的新しいプログラミング言語です。 

「Kotlin」は「Java」をシンプルで使いやすくした「Javaを進化させたJavaのこども」的な位置づけとなっており、昨年から利用者が一気に増加している、今最も注目されているプログラミング言語です。 

しかし、残念ながら日本語で学べる「Kotlin」の教材は非常に少なく、かつお父さんである「Java」の習得が前提となっていることがほとんどです。 

そこで「みんプロ式」は、「Java」はおろか、プログラミング経験の全く無い方でも、無理なく「Kotlin」の基礎力を習得してもらえるように講座を設計しました。 

プログラミング経験の全くない人が「日本語で」Kotlinを学べる講座は、日本ではまだ数えるほどしかありません。 

一方で、既存のアプリやソフトウェアは「Java」で開発されたものも多く存在します。そこで「みんプロ式」では、「Kotlin」と「Java」のお好きな方のプログラミング言語を選択して受講頂けるようにしました。 

ただし、全くの初心者がゼロからAndroidアプリ開発を学習する場合、「みんプロ式」ではより将来性の見込まれる「Kotlin」の方をおすすめしています。

 

随時情報発信中!是非ご覧ください!

-みんプロ式6つの特徴, みんプロにかける想い

Copyright© みんなのプログラミング by Telulu LLC , 2018 All Rights Reserved.