子供よりもまずは大人が変わらないといけない

前回「受験と21世紀型教育というのは、そもそも矛盾する」というような話をすると、やっぱり「お前は受験否定論者か」と言われたりするわけですが、そんなことはありません。

そんなことはないのですが、ただ、いずれにしろ今のままはマズい。今の偏差値教育の仕組みのまま大学入試を続けるのは本当にマズい。

それは明らかに国力を衰退させてしまうので、「ダメだった」ということをお上が自ら認めているわけです。だから、変わらないといけない。

ただ、「変わらないといけない」というのは、教育手法をいろいろ変えて、子供をあの手この手で変えてやろうということよりも、大人がまず変わらないといけないということだと思います。

会社でも改革を起こそうと思ったら、まず社長から始めないといけないことと同じで、ぼくも自分のことは全く言えませんけれども、ぼくも含めて大人全体が、これから世の中を良くするように変わっていかないといけない。

そういう意識を子供ではなく、まず今のこの世の中を作った大人たちが持たないと、日本の国力というのは、どんどん落ちていくことになるのでしょう。

いずれにしろ、今の時代というのは時代の変わり目ですから、今まで当たり前と思っているシステムとか既存の概念とかを1つ1つ再点検していかないといけない。

そして、その最たるものというのが、東大・京大を頂点として、それに学習塾が山のように群がっている「受験システム」ですよね。

これはやっぱりメスを入れていかなあかんということなのでしょう。そうせなアカンという風にお上自らが言っているわけです。

ですから、この大学入試改革の事の顛末がこれから色々起こってくると思いますが、どういう人達がどういう理屈で抵抗し、どういう人達がどういう理念で推進するのか。

それを見ておくと、誰が時代を先走っていて、誰が足を引っ張っているのかがよくわかると思います。

これから2020年にかけて、いろんな動きが出てくるでしょうけれども、この大学入試改革を本気で推進するのであれば、まず東大・京大がどう変わるのか。

東大・京大がそっぽ向いてしまったら、この改革はどうにもなりません。なんだかんだ言って、今でも東大・京大に生きたい受験生が多いわけですから。

しかし、この東大・京大が変わっていけば、ものすごいことが起こる可能性が出てくるわけです(受験システム・受験産業に大激震が走る可能性あり)。

ですので、この改革をどこまで本気でやろうとしているのかわかりませんが、これが本当にうまく行けば、非常に良いことではないかと個人的には思っています。

アバター

北川 博之(きーぼー)

みんなのプログラミング by Telulu LLC代表 大阪府生まれ。京都大学経済学部経済学科卒業。 2000年より、日本生命保険、ニッセイアセットマネジメント、パトナム・インベストメンツ(米国)で、日本株トレーダー・アナリスト、経営企画、システム開発等の業務に従事。主に日本株の売買執行・投資分析、経営計画の策定、海外投資家向け日本株営業、社内トレーディングシステム及び経理システムの開発等を行う。 2016年、合同会社てるる設立。スマホアプリプログラマーとして「新感覚脳トレアプリ・記憶戦隊オボエルンジャー」「Meisoー1番シンプルなマインドフルネス瞑想アプリ」をはじめとした、メンタルヘルス・知育系アプリを中心に4タイトル・計8本(Android・iOS)をリリース。 2017年、自身のこれまでの社会人経験・プログラミング経験・子育て経験を基に、プログラミングを通じて人々の人生を豊かにして、未来に希望の持てる明るい社会の実現に貢献したいとの想いから、プログラミング完全初心者と挫折経験のある人を支援する「プログラミング挫折撲滅プロジェクト・みんなのプログラミング by Telulu LLC」を設立し、プログラミングサポーター活動と心理カウンセリング活動を開始。これまでに3,000名を超える方のプログラミング挫折撲滅をサポート。

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  2. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  3. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

  4. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  5. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP