既存のFlutterプロジェクトにWebサポートを追加する方法(Add web support to an existing app)

iOSアプリもAndroidアプリも”いっぺんに”作れる、今最も注目のアプリ開発ツール「Flutter」は、2021年3月にリリースされたバージョン2.0から、Webアプリも”いっぺんに”作れるようになり、

新規プロジェクト作成時にWeb対応をONにすると、

プロジェクト内に「web」フォルダが出来上がりますが、

Web対応がなされる前のFlutterのバージョンで作った既存のプロジェクト(アプリ)をWeb対応したい場合は、Android StudioのTerminalから

flutter create .

と打ってやるだけで、簡単にWeb対応させることができます。

これはすごいですね。

(詳しくは、以下の動画で解説していますので、よろしければご覧下さい)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP