[Android]Activity(画面)のライフサイクルとは

Androidでは画面のことをアクティビティ(Activity)といいます。

Androidでは画面の状態の変化(見える・見えない等)に合わせて通るメソッドが変わっていき、それらのメソッドのことを「ライフサイクル」メソッドと呼びます。

スマホという小さな画面では、画面はいくつも開くことは出来るけど、そのうち一つだけしかオモテで見ることが出来ません。

ライフサイクルは、そのスマホの限界(特性)をうまく切り抜けるための非常に重要な考え方なのです。

 

このミニ動画講座で学べること

  • 画面のライフサイクルとは
  • なぜ「ライフサイクル」という考え方が必要なのか(「画面が開くこと」と「画面が見えること」は違う)
  • 4つのライフサイクルメソッドとは(onCreate / onResume / onPause / onDestroy)

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

みんプロにかける想い

  1. ぼくが別に言う必要のない挫折の黒歴史をあえてさらけ出している理由(自分の中にある「ブロック」を外すきっかけにしてほしい)

  2. プログラミングは手段の1つに過ぎない(目的は自分のアイデアを形にすること)

  3. プログラミングはみんなのもの!(プログラミングの醍醐味である「楽しさ」を伝えたい)

  4. プログラミングを通じて「やわらかい世の中」を作りたい(ぼくがプログラミング講座をやっている本当の理由②)

  5. こんな無駄な苦労をするのはぼくで最後にしたい(ぼくがプログラミング講座をはじめたわけ)

みんプロ作成アプリ




みんプロ代表の黒歴史


TOP