[Android]Activity(画面)のライフサイクルとは

Androidでは画面のことをアクティビティ(Activity)といいます。

Androidでは画面の状態の変化(見える・見えない等)に合わせて通るメソッドが変わっていき、それらのメソッドのことを「ライフサイクル」メソッドと呼びます。

スマホという小さな画面では、画面はいくつも開くことは出来るけど、そのうち一つだけしかオモテで見ることが出来ません。

ライフサイクルは、そのスマホの限界(特性)をうまく切り抜けるための非常に重要な考え方なのです。

 

このミニ動画講座で学べること

  • 画面のライフサイクルとは
  • なぜ「ライフサイクル」という考え方が必要なのか(「画面が開くこと」と「画面が見えること」は違う)
  • 4つのライフサイクルメソッドとは(onCreate / onResume / onPause / onDestroy)

(詳しくは下の動画で解説していますので、よろしければご覧ください)

こんな記事も読まれています

おすすめコンテンツ




Flutter(フラッター)


みんプロ作成アプリ




TOP